【無料】在庫管理はじめの一歩

アンカーマン通信第15号(発行日:2018年3月1日)

 

酒造期の忙しい中で、突然

「瓶が足りない!」
「保管していたラベルが使えない!」
「王冠の発注を忘れていた!」

ということはありませんか?
現場には前回も注意したのに改善されていない。

どうにかして改善できないものか…そのような蔵元様、必見です!

在庫管理できていないことに危機感を!

弊社へ頂くお問い合わせの中で最も多いのは、「在庫管理を行いたいが、何から始めたら良いのか分からない」という相談です。この質問について現状分析から行っていきます。
まず何から始めたら良いのか分からないということは、「現状なにもやっていない」ということがほとんどです。そもそも、在庫管理に取り組んでいないことへの「危機感」はどのようにお考えでしょうか?

増収企業でも安心できない!

上記のデータは東京商工リサーチの「2015年倒産企業の財務データ分析調査」から作成したものです。2015年に倒産した国内の企業は565社でした。このうち減収のまま倒産した企業が320社で、全体の56.6%を占めています。一方、売上が伸びていた増収企業の割合は全体の43.4%。さらに倒産企業565社のうち、赤字計上の企業は全体の46.0%でした。従って残りの54.0%は「業績不振」ではないのに倒産していることが分かります。

長期・過剰在庫をなくす管理を!!

黒字決算の会社が倒産する理由の一つに「長期在庫」「過剰在庫」による資金繰りの悪化があります。在庫は決算書上では棚卸資産に分類されますが、長期間保管された在庫はいつ現⾦化できるか分かりません。さらに倉庫の固定資産税、再梱包費、光熱費、人件費など目に見えない間接費用として、棚卸資産の約15〜25%が毎月現⾦で出ていきます。在庫管理に取り組む上で、まず行うのは3Sといわれる「整理・整頓・清掃」。それから正確な在庫数量の「見える化」です。


そこでアンカーマンでは、シンプルで分かりやすい在庫管理表を用意しました。 ご興味のある方は、下記よりお申し込みください。

「明日から使える在庫管理表(E x c e lデータ)」を無料で差し上げます!ご希望の方はコチラ!