必見!攻めの在庫管理とは?

在庫管理を徹底している蔵元は、過剰在庫や不良在庫、欠品を起こすことがほとんどありません。それは、必ず毎日の入出庫を記録し、常に在庫の流れを把握しているからです。それだけでなく、自社の在庫分析を行うことで売れている商品と売れていない商品を把握し、過剰在庫を抱えることなく売上を伸ばしています。しかし、多くの場合は、蔵元D様のような状況にあるのではないでしょうか。

過剰在庫は廃棄(損失)の可能性が大!

蔵元D様のように気づいたら棚卸資産が増えている、過剰在庫が発生している酒蔵の場合、在庫管理表は作成しておらず、特定の社員一人が勘や経験を頼りに資材を発注しているケースを多く目にします。過剰在庫はいつ現金化するか分からないだけでなく時間とともに劣化し、場合によっては廃棄せざるを得ません。

適正在庫を維持するためには?

過剰在庫を防ぎ、適正在庫を維持するには何をしたらよいのでしょうか。
まず蔵元D様の場合は基礎の徹底をする必要があります。
例えば3S(整理・整頓・清掃)。シンプルですが徹底できている企業は意外と少ないのです。

「在庫の見える化」は攻めの経営につながる

3Sができたら次は「正確な在庫数量の把握」です。正確な数量の把握により「在庫が見える化」され、過剰在庫や不良在庫、欠品を防ぐことができます。
さらに正確な在庫数量の把握は需要予測にも役立ち、実需に近い製造計画の策定にも活用することができます。
「在庫の見える化」をし、「攻めの在庫管理」を実現しましょう!

在庫管理には難しいシステムは必要ありません。
アンカーマンではシンプルで分かりやすい在庫管理表を用意しました。
ご興味のある方は下記よりお申し込みください

「明日から使える在庫管理表(E x c e lデータ)」を無料で差し上げます!ご希望の方はコチラ!