最大1000万円の補助金!もの補助公募締切まで残り26日!
蔵元の丸投げ申請代行はアンカーマンにお任せください!

アンカーマン通信第17号(発行日:2018年4月1日)

新しい商品・サービスの開発や業務プロセスの改善、新しい販売方法の導入など、中小企業、小規模事業者が事業革新に取り組む資金を国が補助する「ものづくり補助金」(公募期間は平成30年4月27日まで)。返済しなくてもよい資金が最大1000万円補助されます。採択に必要不可欠なのは、具体的で事業の魅力をしっかりと伝えられる事業計画書です。

アンカーマンの強み

(1)酒造業特化の申請支援!
酒造業の専門だからこそ、採択される事業計画書づくりのコツを知っています。

(2) 着手金0円、確実な採択へ!
不採択の場合のリスクがない「着手金0円の成功報酬型」なので、安心です。

(3) 申請から採択後の手続きまで丸投げOK!
申請のための業務を完全サポート。酒造経営者様は本来の業務に集中できます。

支援実績例(事業計画名)

A酒造 】 「日本酒づくりの常識を超える夏期醸造、および低温発酵・貯蔵技術による高品質な夏酒の製造」

S酒造 】 「職人の感覚や勘を一切排除した安定高品質・短納期の日本酒づくり体制を強化」

C酒造 】 「肉料理にも合う、白ワインのような日本酒造りへの取り組み」

【Q&A】

Q:前年に採択されたけど再度申請できるの?
A:前年度採択された事業とテーマが違えば、再度申請することが可能です。まずは弊社にご相談ください。

Q:申請できる機械設備は1種類のみ?
A:単一の設備だけでなく、複数の機械設備を組み合わせて申請することも可能です。弊社支援実績例/A酒造様…冷蔵庫+充填キャッパー+パストライザーなど

 

株式会社アンカーマンでは、日本酒業界に特化した経営支援として補助金の申請代行を行っております。「前回不採択になってしまった」「申請をしたいが時間が取れない」といったことはありませんか?
4月4日、4月5日、4月6日(全て14~17時)、弊社東京オフィス(JR東京駅直結)にて最終の無料相談会を開催いたします。ご希望の方は下記よりお問い合わせください