無料サンプルあり!儲かる「在庫の見える化」とは?

前回事例の蔵元A社様では、在庫管理をしていなかったため「出荷時にラベルが欠品していた」という大きなトラブルがありました。一方、トラブルがおこっていなくても、見えないところで損失が出ているケースもあります。
下記の蔵元B社様の例に、心当たりはありませんか?

ポイント

「在庫管理の甘さが人手をさらに割く!

「人手不足」はあなたの会社だけではなく、どの業界でも同じです。しかし、不足している人手をさらに割いてしまうのが、在庫管理の甘さなのです。
それは、在庫に関する細かな仕事をよく観察してみればわかります。

「確認×注文頻度」という仕事は無駄!

あなたの会社で、在庫を「探す・迷う」といったことが起こっていませんか?
それが当たり前=仕事になっていませんか?
ある会社から相談を受けたときに会社の状況を聞いてみると、注文を受けるたびに倉庫に走り、在庫数を確認しているとのことでした。
注文を受けた時点で在庫数がわかっていれば問題ありませんが、わかっていなければ…?「倉庫と事務所を往復する時間×注文頻度」が無駄な時間であることは明白ですね

正確な数量の把握で在庫を「見える化」する!

では、何をしたらいいのでしょう。答えは以下の2点です。
① 棚卸をする、② 数を記録する
つまり、正確な数量を把握し、「見える化」することです。
「在庫の数量が見えていないのが当たり前」という習慣が、今回の蔵元B様社の問題を引き起こしています。
在庫管理の優先順位は低いかもしれませんが、管理の甘さが人手不足を加速させ、余計な労務費の増加を引き起こしています。
今までの習慣を変え、毎日新たな習慣を積み重ねていくことで、多くのメリットを得ることができるのです。

在庫管理には難しいシステムは必要ありません。
アンカーマンではシンプルで分かりやすい在庫管理表を用意しました。
ご興味のある方は下記よりお申し込みください

「明日から使える在庫管理表(E x c e lデータ)」を無料で差し上げます!ご希望の方はコチラ!