資金繰りには、もう悩まない!

銀行融資を確実に勝ち取る 3つのポイント!

銀行は、決算書を中心に独自の基準で「格付け」を行い、融資の判断をしています。「格付け」とは、企業経営の“成績表”のようなもの。経営の安定のためには「格上げ」が重要です。

1.格付けの構成要素はコレだ!

格付けは様々な経営指標を合計124点満点で点数化し決定します。経営指標は4つのカテゴリー「安全性」「返済能力」「収益性」「成長性」に分けらます。また、市場動向、競合状態、経営者等、銀行員が評価する項目もあり、日ごろの銀行との取引や人間関係も格上げに重要な指標になります。そして、右表のように格付けされ、融資金額や利子に影響するのです。

2.特に重要なのは「安全性」と「返済能力」!

経営指標のうち、景気が低迷する今は特に「安全性」「返済能力」が重要視され、配点が高い傾向にあります。返済能力は、「現在のキャッシュフローで、今ある借入金を何年で返済か?」が計算され、この年数が短ければ短いほど、銀行からの融資が受けやすくなります。

3.あなたの会社の格付けは?

自社の点数や格付けを“見える化”してみませんか?日本全国の酒蔵と交流があり、様々な経営支援を行っている弊社をご利用ください!豊富な経験を基に、格上げをする方法、最新の市場動向、銀行との上手な付き合い方など、銀行融資を楽に勝ち取る方法を一緒に考えていきましょう!

アンカーマンでは、あなたの会社診断を受付中です!自社の財務状況は銀行からどのように評価されているのか。自社の格付けが気になる方は、遠慮なくご相談ください。

>> 全国の酒蔵の事例が聞ける無料相談はコチラ