~アンカーマン予測~お酒消費マインドが激変! コロナ後の傾向と対策

コロナ禍も山場を乗り越え、落ち込んだ需要、とくに国内の売上を回復させていきたいと思っている蔵元さんが増えています。

やりたいことは見えていても、コロナ禍を起因とし、わずか数年という短期間で、商流も、需要も、そのベースとなる消費者の行動や心理までもが、激変してしまいました。

そのような中、
消費者マインドはどのように変化したのか?

そこから、
どのような策を講じていけばいいのか?

そういった、お酒業界における変化、コロナ後の傾向と対策をアンカーマンが予測し、まとめました。

  • 消費者動向を知ることの重要性
    消費者の動向が消費者市場やものづくりに影響を与えていく
  • コントロール
    「自身の生活は自分でコントロールできる!」という感覚
    お酒の消費者の興味を刺激し訴求する
    「倫理的取り組み」=『エシカル』について理解
  • あらゆる場面で「楽しさ」や「遊び心」を
    消費者が求めている「楽しさ」や「遊び心」を盛り込んだ「ワクワク感」「幸福感」を提供
    「多感覚的な商品」「実体験」を消費者に提供!
  • フレキシブルな空間
    デジタルと現実の空間の融合がはじまっている!
    家庭、外出先、オンラインなどあらゆる場所でお酒体験を提供

事実ベースで起こっていること、飲み手においてさらなる加速が予想されること、そこに他社事例やアンカーマンからの今後のヒントを盛り込んだ資料です!

ぜひ、今期の製造計画や営業活動にお役立てください!!

資料のダウンロードはこちらから!!