Q:補助金決定が下りる前に、支払いをしてもよいのでしょうか?

補助金関係でよくある質問に「支払いのタイミング」があります。

特に多いのが「補助金決定より前に支払った経費も補助対象になるか?」というものです。

A:結論から言うと、交付決定日より前の支払いは基本的にNGです。

補助金には「補助対象期間(補助事業期間)」があり、補助の対象となるのは、あくまでこの期間内の支払いだけです(正確には補助対象期間中に、発注から支払までを行う必要があります)。

交付決定日から補助対象期間の開始日までに間がある場合は特に注意が必要です。

なお補助金の中には、交付決定日より前の支払まで遡って補助金対象になる「遡及措置」が用意されているものもあります(令和2年度補正予算 小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>など)。

ただしいくら「遡及措置」があっても、そもそも採択されなければ補助金は交付されません(全額実費)。

補助金を申請する場合は、補助対象期間内に対象事業の支払いをするよう心がけましょう。

引用元:補助金とは | 経済産業省 中小企業庁