合資会社 光武酒造場様

ものづくり補助金と佐賀県のDX補助金を 半年でダブル採択

合資会社 光武酒造場

元禄元年(1688年)の創業。佐賀県の中でも光武学校と呼ばれるほど、杜氏としての輩出が多い蔵。主要銘柄は、清酒「金波」「光武」、芋焼酎「魔界への誘い」。
40年ほど前から吟醸造りにも力を入れ、鑑評会においても数々の賞を受賞。近年では世界最高権威と評価されるコンペティションIWCでのゴールドメダル受賞をはじめ、数々の海外主催コンクールでも高い評価を獲得。人気アニメとコラボレーションした焼酎や梅酒を発売するなど、ユニークな取り組みを行う蔵として業界内でも先駆け的な存在。

※令和2年度佐賀県中小企業DX フラッグシップモデル創出事業費補助金(製造業)
新型コロナウイルス感染症の拡大を契機に、デジタル技術によりビジネスモデルやライフスタイルを変革するDX(デジタルトランスフォーメーション)の取組が加速している状況を踏まえ、各産業分野に応じたDXフラッグシップモデルを創出し、県内全体にDXの取組を波及させることを目的として、その取組に要する経費の一部を補助するもの。(参考:佐賀県 産業労働部 ものづくり産業課)
Q:アンカーマンを知ったきっかけを教えてください

送られてきたファックスを見て、「おもしろそうな会社だな」と思いつつ、一方で「信頼できるのかな?」とも思いました。酒蔵に特化して業務サポートをしている会社なんて聞いたことがなかったので(笑)

ホームページを見てみると、知り合いのメーカーさんもアンカーマンさんのお世話になっていることが分かりました。とはいえ、実際に会ってみないと分からないと思い、私が東京へ出張した際に担当の渡邊さんとお会いしたことで「任せられる」と確信しました。その際に「ものづくり補助金」の申請サポートを依頼し、2021年の今年は、続いてDX補助金の申請も依頼することになりました。

Q:DX補助金の申請を考え始めた経緯を教えてください

DXの取り組み自体は2年半ほど前から考えており、少しずつ計画を立てて実行していこうということになったのが2020年の1月頃です。そのタイミングでコロナが流行し始め、営業もリモートになり、これまでのような動きができなくなったことでDX化を加速させる必要性を確信しました。ここで何かを変えなければ生き残っていけない、と。

ちょうどその時、アンカーマンさんから佐賀県でDX補助金というものがあると教えてもらい、「渡りに船だ」ということで申請を決めました。4,000万円という高額の補助金だったのですが、採択されるのが一件だけという条件でした。結果的に採択されて本当によかったです。「酒蔵が使える佐賀県限定の補助金」のような、業界や地域に特化した情報を提供できるのも、アンカーマンさんならではの強みだと思います。

Q:業務のDX化に取り組むようになったきっかけは何でしたか

東京・大阪・福岡・大分に小さな事業所があり、さらに出荷センターも別の場所にあるので、生産管理・営業管理・経営管理といった各部署の動きがバラバラで、作業が゙属人化しているという課題がありました。

社内にIT系が得意な人がいたので独自のソフトを作ってもらったことがDXに取り組んだきっかけです。あとは、小さな田舎の企業は大手ほどマーケティングオートメーションなどが進んでいないので、あえてそこにチャレンジしたいと思いました。「よそがやらないことをやる」というのが、うちのモットーです。

Q:採択後、具体的にどのような変化がありましたか

製造面では、温度管理の自動化ですね。あとは、クラウドを活用した事務所の一元管理です。受注・経理・総務の管理を一元化することによって作業の二度手間が解消されました。また、離れた場所にある出荷センターや事業所もすべてクラウドで繋いで、それぞれの部署の動きを「見える化」しました。

それを活かして今度はマーケティングオートメーションを実行していき、ウェブで営業をしながら最終的にクロージングまで落とし込みます。「揺りかごから墓場戦略」とでもいいましょうか(笑)
新しいことを始めるには手間がかかりますが、経営改革には何かしらの「きっかけ」が必要です。今回申請した補助金が採択されたことは、うちにとって大きな一歩となりました。

Q:実際にアンカーマンに依頼してみていかがでしたか

これまでも補助金申請は自社で何度か行ったことがあり、その時はすべて自分でやっていました。申請書も、時間をかけて参考資料を見れば書けないこともないのですが、それに費やす時間が本当にもったいない。社内の他の人間に任せるにしても、それはそれで他の仕事の時間を潰すことになるので困りものです。

アンカーマンさんはいろいろな事例を知っているし、申請のツボも分かっていて業界のデータもたくさん持っているので、自分で手を動かすよりも、アンカーマンさんに相談した方が圧倒的に早いです。酒蔵の事情や業界の専門用語に詳しい会社でなければこうはいきませんよね。だから知り合いのメーカーさんもアンカーマンさんに頼んでいるのだな、と納得しました。

Q:もの補助4次採択と佐賀県のDX補助金のダブル採択について感想をお聞かせください

非常にありがたいです。全部アンカーマンさんにやっていただいて楽になりました。今回の取り組みは、補助金が採択されてもされなくても実行するつもりでしたが、補助金が下りれば、その分を別の事業に投資することができます。

また、DX補助金では、二次面接としてプレゼンがありました。慣れない作業で大変でしたが、渡邊さんがプレゼンの現場にも立ち会うと言ってくれて、心強いなと思いました。結局、コロナの影響でプレゼンは一人で来てくれと言われましたが(笑)

アンカーマンさんは、我々酒蔵のためになることであれば業務を線引きせずに一緒になってとことん取り組んでくれるのだな、と感じました。今後もいいお付き合いができればと思います。

Q:アフターコロナに向けて他の蔵元さんにメッセージがあればお願いします

ワクチンが普及し始めて、出口はもうなんとなく見えてきていると思います。それに向けてアフターコロナをどう生き抜いていくかということを、今から十分に考えていく必要があるのではないでしょうか。待ちの体制だけではなく、打って出る姿勢も必要です。やってみたいことがあるなら、アンカーマンさんに相談してみてはどうでしょうか。親身になって話を聞いてくれますよ。

Q:最後に、アンカーマンにメッセージをお願いします

清酒焼酎メーカーのためにいろいろとやっていただいているので非常にありがたいです。今後もぜひ、我々のようなメーカーの応援部隊として頑張っていただきたいなと思います。

補助金申請について無料相談(90 分)を希望される方は、下記よりお問い合わせください。

必要事項をご記入のうえ、送信ボタンを押してください。
会社名 *
氏名 *
電話番号(半角) *
メールアドレス *
お問い合わせ理由*



お問い合せ内容

*必須

メモ:収集したデータの扱いには十分に注意し、保護するように努めています。