Q:使える補助金はすべて使いたい!どうしたらいいですか?

A:早めの情報収集と、設備導入計画・事業計画を立てることをお勧めします。

補助金の公募期間(公募要領の公表から申請締切まで)は、一般的に短めです。

たとえばものづくり補助金の場合で1〜2か月程度、その他の補助金も同様で、中には公募期間が2週間程度という極端に短いものもあります。

このため、補助金の存在に気付いたときには「公募期間が数日しか残っていない」とか「すでに公募期間が終わっていた」というケースも珍しくありません。

このような事態を避けるには、常に補助金情報にアンテナを張っておくことが必要です。

毎年のように公募されるものづくり補助金なども、公募開始日や締切日は年によって変わるため、油断は禁物です。

アンカーマンでは随時、都道府県・市区町村単位での優良補助金情報を収集し、メルマガにて配信しています。

登録はこちら https://anchorman-inc.tokyo/category/back_number