フレッシュなお酒を造りたい方必見!補助金で”キーケグ”導入しませんか?

「キーケグってなに?」と思われた方も多いのではないでしょうか。

”Keykeg(キーケグ)”とは、ビール用に開発された真空性・遮光性に優れた樽で、日本酒やワインの充填もでき、旧来のガラス瓶やステンレス樽と比べ、酸素・光に触れず劣化しにくいメリットを持った容器のことです!

すでに26蔵が導入!キーケグのメリット!

キーケグはすでに26蔵で導入が実施されています。

そして、キーケグのメリットを2つほどご紹介していきますね。

省スペースかつ軽い!

キーケグは一升瓶4本とほぼ同じ重さで1.4倍の量を運ぶことができるのです!

輸送コストを減らせることで利益率を向上できるでしょう。

一升瓶×4(7.2L) キーケグ10L
重さ(容器込) 10.8kg 11kg

高い品質保持力!

プラ容器とアルミ製のバッグの二重構造になっており、真空パッケージの生醤油のように、最後まで酸素に触れず提供できるため、劣化しにくいことも大きなメリットのひとつ。

そして、瓶では保持できなかった開栓後のフレッシュ感を維持できるでしょう。

そのため、純米酒レベルでも1.5倍〜2倍の価格で販売されています。

また、この高い品質保持力によって生酒の品質を損ねることなく、世界中で流通を実現させているんですね。

【無料導入相談受付中!】キーケグは、補助金で導入が可能です!

「導入した蔵元の事例が知りたい」

「実際に導入するイメージをもう少し詳しく知りたい」

そのような疑問はありませんか?

全国約120社以上の酒造メーカーの補助金申請を代行してきたアンカーマンでは、キーケグの導入と併せて活用いただける補助金も一緒にご提案いたします。

先の見えないコロナ禍、初期投資を抑えながら、フレッシュなお酒造りをお手伝いします!
ご興味のある方は、以下のフォームよりお問い合わせください。

 

必要事項をご記入のうえ、送信ボタンを押してください。
会社名 *
氏名 *
電話番号(半角) *
メールアドレス *
お問い合わせ理由*



お問い合せ内容

*必須

メモ:収集したデータの扱いには十分に注意し、保護するように努めています。