日本酒を世界へ。

酒蔵と消費者をつなぐ架け橋になります。


アンカーマンのサービス



補助金活用支援

金融機関や省庁とのネットワークを活用し、設備投資や販路開拓のための資金調達を支援します。

>>現在公募中の補助金はコチラ

送信すると、公募中の補助金をご覧いただけます。

氏名※必須

会社名※必須

メールアドレス※必須


コンサルティング

戦略立案、新商品開発、商品数の絞り込みなど、蔵元様のビジョン実現に向けた経営支援を行います。また、蔵元様向けのお役立ち情報誌「アンカーマン通信」も発行しています。

>>最新の「アンカーマン通信」はコチラ
最新号は「銀行融資を確実に勝ち取る 3つのポイント」です

送信すると、「アンカーマン通信」をご覧いただけます。

氏名※必須

会社名※必須

メールアドレス※必須

酒蔵ツーリズム

海外のお客様に日本酒を味わう機会を提供し、日本文化の一つとして酒造りを伝え、日本をもっと楽しんでもらいたいと考えています。
そこで弊社は、日本酒の新たな可能性として酒蔵ツアーを企画します。
>>ツアー申込はコチラ

日本酒イベント企画

世の中には美味しい日本酒がたくさんあります。蔵元様のお酒がより多くの消費者にお楽しみいただけるよう各種イベントを企画・開催します。
>>直近のイベントはコチラ

酒蔵の未来の発展に向けて


世界一の“老舗企業大国”と言われる日本。創業数百年に及ぶ老舗企業の多くは何代にもわたって同じファミリーが受け継ぎ、守り、発展させてきました。
"これまでの数百年"から"これからの数百年"へ。リレーのランナーのように、先代から受け継いだバトンを後代に伝えられるように。蔵元様のそばに我々がいます。









代表からのメッセージ


日本の「國酒」である日本酒は、米、水、麹から生み出され、日本の気候風土、日本人の丁寧さ・繊細さを象徴した、いわば「日本らしさの結晶」と言えます。

その國酒が近年大きな危機に直面しています。国内消費者の嗜好の多様化に加えて、人口減少や高齢化の影響により消費量が縮小しており、酒蔵の数は減り続けています。

その一方で、海外に目を向けると、世界規模の人口増加や途上国の経済成長、また世界的な日本食ブームなどにより、市場としての大きな可能性が広がっているほか、近年では日本食のみならず他国料理と日本酒の相性の良さも認識されつつあり、日本酒は「21 世紀の異文化との架け橋」となることが期待されています。

このような激変の外部環境に晒されるなか、われわれは「日本酒を世界へ」というミッションのもと、作り手の酒蔵と飲み手の消費者をつなぐ架け橋となることで、社会や世の中に貢献していきたいと思っています。

代表取締役 
和田 直人

問い合わせ



会社概要


会社名株式会社アンカーマン
代表者和田 直人
創業2014年5月
所在地〒100-0004
東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビルヂング12階

<最寄り駅>
・JR東京駅 日本橋口
・東京メトロ 大手町駅 B8a出口
・東京メトロ 日本橋駅 A1出口
・東京メトロ 三越前駅 B2出口


弊社実績


2015年3月日本テレビ「ニュースZERO」にて放送
2015年5月エフエムたいはく「お仕事本舗 ハッピープロジェクト」にて放送
2015年6月テレビ朝日「報道ステーションSUNDAY」にて放送
2015年7月食品産業新聞にて掲載
2015年9月日経MJにて掲載
2015年9月日本酒造組合中央会にて講演
2015年12月日本経済新聞にて掲載
2015年12月取引蔵元様10社達成
2016年1月農業ビジネスマガジンにて掲載
2016年3月地方創生塾にて講演
2016年6月日本最大級の“日本そば・日本酒イベント”大江戸和宴開催。来場者数16万人を達成
2016年7月SAKE2020プロジェクトにて講演
2016年9月読売新聞にて掲載
2016年11月取引蔵元様20社達成
2016年11月食品産業新聞社より第46回技術功労賞受賞
2016年11月山形県酒造組合にて講演
2017年2月日本酒造組合中央会にて講演
2017年5月広島研酒会にて講演
2017年5月地域活性化センターにて講演
2017年5月取引蔵元様30社達成



問い合わせ



必要事項をご記入のうえ、送信ボタンを押してください。

氏名※必須

電話番号(半角)

会社名

メールアドレス※必須

お問い合わせ項目※必須

問い合わせ内容※必須

Template by BlackTie.co - Copyright Anchorman Inc. All rights reserved 2017